役立たずのバイリンガル

hungrysister. MotoGPにハマった女, 旅行

人狼ゲーム

人狼ゲーム」という映画を観たので感想をば。

あらすじは特に書いてません。

 

f:id:hungrysister:20180422224557j:plain

 

 

以前原作となっている漫画を読んだことがあって、映画は前からちょっと観てみたかったのでNetflixで見つけたので観てみました。

 

人狼ゲーム」というのはなんなのか。

複数いる村人たちの中で2人だけ潜む人狼たちが、村人たちを欺き、寝ている間に1人ずつ殺していく。村人たちは自分たちの中にいる人狼を始末するため、毎晩話し合いをし、1人を選んで処刑していきます。

すべての村人が先に殺されてしまえば人狼の勝ち、逆に、人狼を見事探し当て処刑することができたら村人の勝ちです。

Youtubeなんかも結構やってるので、知ってる若者は多いのではないかと思います。

 

このゲームやってみたい!!

もちろん本当の殺し合いじゃなくてカードゲームの方です笑

 

この「村人」とか人狼っていう役割は、最初に配られるカードでランダムに決められます。海外からきたカードゲームなんだそうです。

 

 

原作の漫画もまあまあ面白かったです。

続編のビーストサイドもしっかり読みました。

 

<<ネタバレ注意!!>>

 

 

 

映画の感想は、星1.5くらい笑

音楽もないし、波も少なく結構地味な映画です。原作の方が断然面白い。

ものすごい低予算で大学生が自主制作した映画って感じ。

残酷な内容の割に血があまり出てこなかったり、死に方も地味。

人狼ゲームっていうものが生かされていないし、最初に撮られていた蜘蛛のシーンや小学生が蜘蛛に蟻をエサとして与えているシーンなども特に意味を感じませんでした。後に内容と繋がってくるとかもなし。

「こういうシーン最初に入れておけば目引くんじゃね?」っていう考えだったのだろうか・・・

 

基本的に邦画をあまり見ないので元々期待を大きく持っていなかったのですが、それにしてもちょっと微妙な映画でした。

 

登場人物が知り合って間もないのにとにかく攻撃的。

 

最初の方で、一番始めに亡くなった女の子を「死体があれば目印になって誰か見つけてくれるかも」となんとも残酷な発想をした男の子たちが外に放り投げますが、あなたたちよく死体に触れるね?笑

そのあとも最初に銃殺された女の子を外に放り出したり、学生にしてはなかなかやることが酷い。

 

原作の方が残酷なのですが、そこは日本の映画、あそこまでやることはできなかったようです。

 

青酸カリで処刑を実行するなんて、生ぬるいな~笑

漫画ではしっかりノコギリだの何だのがあって、自分たちの手で殺させます。

 

しかも指示の出し方がビデオテープって何時代だよ!笑

何気にぶっ壊した後に何事もなく復活していて一番恐ろしい。

 

井上さん(黄色いシャツ)の「私が人狼です」って告白も、何だかな〜。

「私これ2回目なの」っていう発言も、漫画を読んでたら「あ〜」ってなるんですが、微妙です。それ言っちゃったら映画の最後にまた生き残った2人が人狼ゲームに参加させられた時の絶望感とサプライズが薄まってしまうやん。

 

預言者の役割もいまいち生きていなかったように感じました。

しかもこのみのせいで全員ギャーギャー騒ぎ始めてただのカオス!!笑

 

カオスが終わった後に多田くん(最終的に人狼だった人)が「これが終わったらデートしてくれないかな」とか言ってますが、根回し?でも翌日自分が人狼ってバレてるし意味ないような。無理やりねじ込まれたロマンスもどき。

漫画の方ではうまくこの多田くんが仁科さんを恋愛戦法で騙して最後にどんでん返しさせてますが、そういった要素もなく何だかつまらないですね〜

 

 

 

このカードゲーム、お金があったら本当に部屋貸しきってやってみたいですよね。(もちろんカードゲームのほう)

常に近くに座ってやっていると、人狼が村人を指名するときに音が聞こえちゃったりしてバレたりしそう。

私が村人だったら、くじ引きで処刑する人を決めない?と提案するかも。人狼はそれに反対すると思うので、反対する人が怪しい笑

それじゃつまらないか。

 

 

 

 

 

それにしてもなんでインテリキャラっていつも敬語でメガネなんだ?笑